レディー

不動産を買う時は立地条件を重視しましょう

東南アジアで老後を暮らす

まつげ

定年後の生活を物価の安いアジアで暮らすという人が増えています。特に人気なのはシンガポールに隣接しているジョホールです。マンションなどの不動産を購入すれば、将来的に値上がりするのは確実です。インフラ整備も進んでいるので暮らしやすい環境が整いつつあります。

読んでみよう

交通至便の人気エリア

婦人

東西南北にアクセス可能

大和市は神奈川県のほぼ中央に位置する、人口約23万人の都市です。県庁所在地である横浜市に隣接し、東京都心部にも40km圏にあるという地理上の特性から、住居用不動産の人気が非常に高いエリアとなっています。大和市の市域はゆるやかな傾斜を持つ台地の上に広がっており、目立った起伏もないことからそのほぼ全域で宅地化が進んでいます。周辺部には農地もかなり残されていますが、宅地に転換されて分譲住宅用不動産として売りに出される姿も目立ちます。大和市における土地価格は、2016年の平均地価ベースで1平方メートル当たり約19万5千円となっています。2010年代に入ってからはずっと19万円台で推移しており、価格は安定しています。なお、坪単価は約64万4千円です。

大型マンションも売出中

大和市の住居用不動産について簡単に述べると、幹線道路沿いに大型マンションが目立つ中、道を一本入ると一戸建て中心の閑静な住宅街が広がっているというのが市内全体に共通した特徴です。大和市は神奈川県央部における陸上交通の結節点にあることから、主要幹線道路沿いには多くの工場や物流拠点が建設されていました。それらが市外に移転した跡地が住居用不動産に転換され、多くのマンションが建設されています。新築の売出頻度はそれほど高くありませんが、2017年初頭には380戸を超える大規模な新築マンションの販売が開始されています。一方、一戸建て住宅は市内のほぼ全域にわたって建設されており、新築・中古とも豊富な供給量があります。市内には8つもの鉄道駅があることから、「大和市に家を買えばどこでも徒歩圏」というのが大きなメリットとなっています。

マイホームの処分

鏡を見るウーマン

リストラによる収入減少や家庭の事情などで住宅ローンの返済が滞ってしまった場合、速やかに借入先の金融機関に相談することが大切です。ローン返済のめどが立たずにマイホームを手放さざるを得ない場合、競売となる前に任意売却手続きを進めるほうが比較的高値で処分できる可能性が高いといえます。

読んでみよう

不動産賃貸のコストダウン

女の人

不動産賃貸を行う会社で仲介手数料の引き下げが進み、仲介手数料無料の会社も増えてきました。実際には貸主から仲介手数料を取っているので無報酬ではありませんが、借主としては家賃一ヶ月分から半月分を節約できる魅力があります。

読んでみよう